過払い金問題の責任は業者がとるのが普通

過払い金は、一般の消費者に対して提供される少額融資に対して発生する重大な問題です。一般の消費者に対して融資を提供する貸金業者によって、過払い金という問題が発生しているのでこの責任はほとんどが業者にあると言っても過言ではありません。

MBSニュースについて知るならこのサイトです。

この問題は、銀行の融資を利用しているだけでは決して問題になることはない問題です。



なぜかというと、対象として議論されるのは法律的に必ず貸金業法にもとづいてサービスを提供している業者に限定されるからです。

誤解をしている人も多いのですが、貸金業法によってサービスが提供されていないかぎりは過払い金問題によって融資の問題が生じることはありません。


しかも、貸金業法は既に法改正が進められて問題そのものが生じなくなっているので、近年で問題を解決することが可能な過払い金問題は法改正以前に貸金業者から現金を借りて問題になった当事者だけということを知っておきましょう。

プロミスの過払いのことならこちらのサイトが便利です。

過払い金を根本的に理解するためには、まずこうした貸金業者と銀行の関係性をきちんと理解しておく必要があります。

貸金業では、利息に関連する法律が銀行のそれとは異なります。
貸金業で問題となる利息の法律は以前はグレーな範囲が存在し、そのグレーな範囲によって支払わなくてもよいお金が生まれてしまいました。

当然ですが、利息を決める権利はお金を借りる消費者には存在しないのでこの問題の責任を取るべきなのはお金をかしている業者だということを知っておきましょう。