バナー

転職した場合の雇用保険継続可能期間とは

雇用保険というのは、厚生労働省の定める一定の条件に満たしている労働者が加入できる制度です。

平成22年度4月1日付で制度改正があり、「雇用見込みが31日以上ある且つ1週間の所定労働時間が20時間以上である」この条件に満たしていれば誰でも加入する事が出来ます。
たとえ採用がそれ以前であった場合でも以後の採用見込みが条件に適していれば新しく加入する事が義務付けられています。

転職された場合、新たに雇い入れが決まった日までの期間が1年未満であれば加入期間の延長が認められますので、あらかじめ念頭におかれておくと良いでしょう。

失業保険を受給される場合にはそれまでの加入期間により需給金額が決められてきます。


また、加入期間の概算はそこで清算されてしまう為、受給後の転職においては新たに計算されていきます。

雇用保険というのは事業主が国に対し手続きをとる制度の為、その会社が雇用保険制度を使用しているかどうか事前に確認されておかれると安心です。

いざ転職されても会社が手続き出来なければ加入自体できませんので注意が必要です。

調べる際には会社案内やHPなどの企業情報などを確認してみて下さい。


加入内容や加入期間等の確認など不明点がある場合には、最寄りの公共職業安定所(職安)に問い合わせてするとわかります。


その際には、雇用保険被保険者証に記載されている雇用保険被保険者番号をあらかじめ用意されておくとスムーズに問い合わせ出来るでしょう。